校長あいさつ

ごあいさつ

校長 伊藤(いとう)  (まさ)(たか) )

 大曲高校のホームページを御覧いただきまして、ありがとうございます。

 本校は、明治41年に大曲女子技芸補習学校として創立され、今年は創立以来114年となります。明治、大正、昭和、平成、そして令和と時代が進展する中で、幾多の試練を経ながらも、常に地域の皆様方から温かい御支援を得て、自主自律の精神をもって力強く歩む人間の育成に邁進して参りました。卒業生は二万八千余名を数え、幾多の優れた人材を輩出し、地元はもとより、県内外、海外でも活躍しております。

 本校の校訓は「健 律 愛」です。「健」は「つよく」とよみ、自主自立の精神をもち、行動力のあるたくましい人間であろうとすることです。「律」は「ただしく」とよみ、真理と正義を重んじ、責任ある行動ができる人間であろうとすることです。そして、「愛」は「ゆたかに」とよみ、自分や周囲の人々を、そして地域社会、ひいては世界全体を深く愛し、それを行動に反映できる人間であろうとすることです。生徒はこの校訓を深く胸に刻み、3年間を過ごしております。

 本校の生徒は、学習はもちろん、生徒のほとんどが所属する運動部・文化部において、インターハイや全国大会、東北大会に数多く出場するなどの活躍をしております。また、生徒会活動も活発で、日々の活動に意欲的に取り組んでいるなど、まさに文武両道を実践しております。

 現代社会は先の見通せない変化の激しい時代となっております。そうした中でも、本校では、常に高い志を持つとともに、多様な価値観を尊重し、他者を思いやる心を大切にしております。また、主体的に考え、工夫し、何事にも意欲的に全力で取り組み、積極的に地域社会に貢献する姿勢を育む教育を推進しております。

 今後とも、本校への特段の御支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました